ニートの就職応援します。私には何もできないと思う前に一歩を踏み出しましょう。

ニートの就職応援|まずはバイトや派遣から

ニートの方々が就職できるように応援します。やればできると見せ付けてやりましょう。誰かがお膳立てをしてくれるものではありませんし、運良く自然に舞い降りてくるものではありません。 自分自身で行動するしかないのです。

いつでも抜け出せると思っていてはいつまでも抜け出せない


長い期間、ニートで生活していると、じっとしている時間やぼーっとしている時間が増えてくると思います。こういった時間を繰り返していくうちに段々と気力が奪われていってしまうものです。そうなることでニートが就職する気力もどんどん無くなってしまいます。今年中には就職活動を始めようと後回しにして、今年が終わると来年中にはとさらに後回し、その後も20代までには、30代までには、というふうにニートが就職するという目標を後回しにしたり、遠ざけたりしてしまっている人はたくさんいると思います。
そういった人達は、現在のニートの生活はいつでも抜け出せるもの、その気にさえなればニートでも就職することが出来ると思ってはいないでしょうか?結論から言うと、いつでも抜け出せると思っているうちはいつまで経っても抜け出すことはできないでしょう。いつでも抜け出せると思っているのに、抜け出そうとしないのは、抜け出すことに不安を感じて、現在の生活に甘えている証拠です。時間が経てば、抜け出すことに対する不安はどんどん大きくなり、現在の生活にもっと甘えたくなってしまいます。そこで、その気になればいつでも抜け出せるという気持ちがあれば、じゃあ今はまだ抜け出す必要はないかと現実から目を背けてしまうのです。前述したように、ニートの期間が長くなれば気力はどんどん奪われていきます。よって、その気になればと思っていても、その気になる機会はどんどんなくなってしまっているのです。

世の中が悪いと批判をしない


ニートをなかなか抜け出せないという人はたくさんいると思います。抜け出そうとしていない人もいるでしょう。そういったニートが就職出来ない理由や、ニートになった原因は何かと尋ねたら、世の中が悪いと答えるニートもたくさんいるのではないでしょうか。たしかにニートが就職することが難しいのは、世の中が原因の一つとなっていることもあるかもしれません。しかし、それを理由にしてニートが就職を諦めるというのは、単に就職したくないだけだと思われても仕方がありません。
大切なのは、その環境でいかにベストの方法を探すことです。実際に周囲の人達はその世の中で就職して頑張ってしますし、ニートを経て就職して頑張っている人もたくさんいます。世の中や社会が悪いと愚痴をこぼすことはあっても、それを理由に立ち止まったりすることはなく前に進んでいると思います。そういった中でベストの方法を見つけて前へ進めることが出来ている人は、世の中を批判している暇があったら解決方法を探すべきだということをわかっていますし、困難な状況を自分の成長の場として楽しんでいる人もいるでしょう。
これまで世の中を批判してきた人に、その世の中をいきなり楽しめとは言いませんが、批判するべきなのは、世の中ではなく世の中を批判している自分自身であることにまずは気がついて欲しいと思います。世の中を批判することをやめて、その世の中で自分はどうやって生き抜いていくかを前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

ニートが就職するために動機にこだわる必要はない


現在、働いている人は今の仕事を始めた動機を覚えているでしょうか?もちろん、強い志を持って仕事を始めた人もいると思います。しかし、生活費を稼がなければいけないからという理由であったり、学校卒業して周囲も働き始めたから何となく働き始めたという人も多いのではないでしょうか。
現在、ニートで就職していない人で、なかなかニートの就職に向けて行動を起こさない人のなかには、動機にこだわってしまっている人はいないでしょうか。ニートが就職を目指していくためには周囲にも胸を張って言えるくらいの立派な動機が必要だと思ったり、自分自身を納得させるくらいの動機が必要だと思っている人も少なくないと思います。しかし、動機にこだわっているよりも、すぐに行動を起こすべきだと思います。そもそもじっと待っていても、そんな立派な動機はいつまで経っても訪れてこないでしょう。
例えば、いつまでも親のすねをかじっているのはみっともないから就職したいという動機や、世間から取り残されているような惨めな気持ちでいるのがもう嫌だという動機でも全然構わないと思います。単純にお金が欲しいという動機でも良いでしょう。実際に働いている人も、動機は大したものではないという人がたくさんいるのです。大切なのは、就職に向けて動き出すことであって、動機はそのきっかけでしかないのです。そろそろ働かなければいけないかなという気持ちがチョットでもあるのなら、とりあえず動き出してみることをおすすめします。

見栄を捨てて行動しよう


ニートでなかなか就職出来ないという人のなかには、ニートが就職するなんて無理だ、自分には才能がないと思っている人も多いと思います。そういう気持ちがあると、ニートが就職するために行動を起こすことが出来なくなってしまいます。では、なぜそのような気持ちになるかということまで考えたことはありますか?そのような気持ちになる人の多くは失敗するのが格好悪いと思っているのではないでしょうか。失敗する姿を他人に見られたくないという見栄があると行動を起こせませんよね。自分はそんなことはないと思う人がいるかもしれませんが、そのような見栄がないのであれば、なぜ失敗を恐れるのでしょうか。この問いに明確な答えを言えないのであれば、自分でも見栄があることに気が付いてないだけかもしれません。ニートが就職するためには、まず自分に見栄があることに気がつくこと、また失敗を恐れて行動を起こさないことの方がよっぽど格好悪いということに気がつくことが重要なのではないでしょうか。
見栄を捨てて失敗が恐くなくなれば、積極的に行動出来るようになります。行動を起こせば行動を起こせたことが自信につながってさらに積極的に行動出来るようになります。その繰り返しが、就職へと着実につながっていくのです。もしあなたが、見栄を捨てて行動を起こして成功することが出来れば、なぜもっと早くつまらぬ見栄を捨てて行動することが出来なかったのだと後悔するかもしれませんね。

可能性は後からついてくるもの


現在、ニートで就職したいと思っている人に、ニートで就職することが出来る可能性は何%どれくらいだと思う?という質問をしたら、多くの人は非常に少ない数字を答えるのではないでしょうか。なかには限りなく0に近いと思っている人もいるかもしれませんね。多くの人は、ニートの就職できる可能性が低いと思っていて、その可能性の低さから、チャレンジすることを諦めてしまっている人も少なくないのではないでしょうか。
実際にニートが就職できる可能性というのは、高くないケースも多いかもしれません。しかしそれが理由で諦める必要はありません。何故なら可能性は後からついてくるものだからです。求人活動を行っているうちにどのような感じで活動を行って行けばよいかが分かってきます。また、面接も始めて受ける場合は緊張し過ぎて全く上手くいかないこともあると思いますが、次の面接では、最初ほど緊張することもなく、前より落ち着いて面接にのぞむことが出来るでしょう。このように経験を積めば積むほどに就職活動も上手に出来るようになっていくので、就職できる可能性も徐々に上がっていくのです。よって、何も行動を起こさないうちに、可能性ばかり気にしているのは全く意味の無いことだということが言えるでしょう。例え可能性が0に近いと感じていても、就職活動を行っていくなかで、その可能性をドンドンあげていけば良いのです。仮になかなか就職活動中に上手くいなかい場合であっても、可能性を上げていると思えば良いと思います。

就職難という言葉は気にしない


ニートが就職するのは容易ではないことは、ニート自身が分かっていることだと思います。ニートが就職したいと思っていても、不安が先立って行動に移せないというケースはよくあることです。そのような不安があるのに世間で就職難といわれていると余計に不安になってしまう人もいると思います。世間では就職難という言葉を良く使用されるので、耳にすることがあるかもしれませんし、実際に就職難であるかもしれません。しかし、ニートが就職する場合には就職難という言葉は気にする必要がありません。世間で言われている就職難というのは、ほとんどの場合が、大企業の話なので、大きな会社にこだわらなければ就職難だからといって全く就職出来ないということは決してありません。
こんな厳しい時代だからニートは就職出来ないだろうと勝手に決めつけて行動に移す前から諦める必要は全くありません。行動を移す前から自分で勝手に諦めて下を向いていると、実際はチャンスがあっても見逃してしまうことになりますもちろん、求人がたくさんあった方が見つかる可能性が上がるかもしれませんが、自分が働けるところは一つあれば良いのです。もちろんニートの期間が長くなればなるほど、自分が応募出来る求人は限られてくると思いますし、なかなか求人が見つからないということもあるでしょう。しかし、それは職業難のせいではなく単純にニートでも応募出来る求人が少ないだけです。でも、根気良く探していれば、きっと見つかると思うので諦めずに頑張ってほしいと思います。

身だしなみを整えるのは最低限のマナー


ニートの就職までの道のりは面接までたどり着けば、ゴールはもう間近です。ニートにとって面接までたどり着くまでの道のりはすごく大変なものだったと思います。ニートが就職したいと思ってから実際に行動に移すのにもすごく時間とエネルギーを使ったことでしょう。せっかく頑張って面接までたどり着いたのであれば、ニートの就職という目標を達成出来るように面接も頑張ってほしいと思います。
面接に行くにあたって、身だしなみを整えていくことは非常に重要です。ニートの状態で面接にのぞむのに、身だしなみがしっかり出来ていないと、面接官に必要以上にだらしない印象を与えてしまうことになりますよね。面接行くのに身だしなみを整えるのは当たり前だと思うかもしれませんが、意外と見落としがちなこともあるので注意が必要です。意外と見落としがちな箇所は爪です。身だしなみというと髪や服装は誰もが注意するとは思いますが、爪は意外と見落としがちです。面接官はそのような細かい部分にも気を配っているかしっかりとチェックしているものです。働いている人の場合は、爪が伸びていると仕事に差し支えるのでこまめに切っている人が多いと思いますが、ニートの場合はその必要がなく伸ばしたままという人もいるでしょう。長い爪になれてしまっている人は無意識に爪を見たり触ったりするクセがついているかもしれません。面接を行く前に切るのはもちろんですが、日頃からこまめに爪は切っておきましょう。

面接ではメモをとろう


ニートが就職するためにしっかりと対策をとっておかなければいけないのが面接です。学歴や経験などを問わない求人に応募しているのだから、採用してもらえるだろうという安易な気持ちで面接にのぞむと、残念な結果につながってしまう可能性が高くなるでしょう。
確かに、現在では、学歴や経験も問わない求人もありますし、現在ニートでも就職出来るチャンスはあります。しかし、ニートであっても応募して面接は受けることは出来ても、現在ニートであるということは面接では不利な材料であるというのが現実なのです。ニートの期間が長ければ長いほど、働く気がないのではないか、やる気がないのではないかという目で面接官にみられることは仕方のないことです。ニートが就職するためには、面接でそういった面接官の先入観を覆すことが重要になってきます。
その先入観を覆すためには、自分がどれだけやる気があるかをアピールする必要があります。特に経験を問わない求人では、やる気があるかどうかというのが面接官の最も重視するポイントの一つと言えるでしょう。もちろんやる気があることを言葉で伝えることも重要ですが、その言葉に態度がついていってなければ、信用してもらえません。よって、やる気があることを態度で示す方法の一つとして、メモを取ることは最低限やるべきことでしょう。用紙も紙切れなどに記入するのではなく、しっかりと手帳などを準備して、書くものもおもちゃのようなボールペンではなくきちんとしたものを使用しましょう。

面接ではとにかくやる気をアピールしよう


ニートが本当に就職することは出来るの?と思っているニートはたくさんいると思います。自分はニートだし、特に特別なスキルを持っているわけでもないから雇ってくれるところなんてないだろうと働くことを諦めてしまっている人も少なくないと思います。しかし、ニートだから就職出来ないということは決してありません。実際に、経験や学歴、年齢などを問わない求人というのはハローワークなどにはあるものです。ニートだけど就職したいという気持ちがあるのであれば、諦めずにチャレンジして欲しいと思います。
しかし、ニートが就職することはそんなにやさしいものではないということも事実として知っておくべきです。経験などは問わないという求人であっても、その面接となれば、採用する側は、現在ニートであるという人をマイナスと判断されることはあってもプラスと判断されることはありません。よって、面接ではその不利な状況を打破するだけのやる気を見せなければいけないのです。一般的な面接では、自然体でいけば良いとアドバイスを受けるかもしれません。しかし、ニートの場合は必死にやる気をアピールしていくべきだと思います。採用する側にとっては、ニートであるという立場なのに自然体でいられても、自分の立場わかっているのかな?と思ってしまうことでしょう。経験や年齢、学歴問わずという求人は、やる気があれば経験などは問わないという意味です。裏をかえせば、やる気があるのが必須条件なのです。ニートが面接を受ける際には、このことを頭に入れておきましょう。

ニートを必要としている会社は必ずある


ニートでも就職できるのであれば就職したいと思っている人は多いと思います。しかし、そのような人は多いはずなのに、実際にニートが就職するための行動に移す人が少ないのはなぜでしょう。それは、自分はニートしていた期間も長いし、自分を必要としてくれるところはないのではないだろうかと思ってしまっている人達が多いのではないかと思います。しかし、それが理由でニートの就職を諦める必要はありません。何故ならニートを必要としている会社は必ずあるからです。
ハローワークに訪れてみてもらうとわかりますが、初心者歓迎、学歴や年齢は問わないという求人は意外とあるものです。つまり、やる気があるならばニートでも歓迎しますという会社が世の中にはあるのです。自分を必要としてくれる会社はないだろうと自信を失っている人がいるのであれば、まずはニートでも必要としている会社はあるということをまずは知ってほしいと思います。初心者歓迎ということは、その仕事に必要な知識や技術は働きながら身に付けて行けばよいということなので、自分はやったことがないという仕事でも問題ありません。
自分を必要としてくれる会社に出会うためには、自分で必要としてくれる会社を見つけるために行動に移さなければいけません。自分を必要としてくれるのであれば、どんな仕事でも全力で頑張りたいという強い気持ちをもってハローワークに行ってみてください。

最近の投稿
カテゴリー